Languages:Japanese,English

なちゅら.simコラム


2023.8.10

ちょっと悲しいお話。
今年の1月に22歳になった黒猫が老衰しました。今でも思い出すと涙が出てきます。 この黒猫は蕨の保護猫施設から引き取った子です。選んだ理由は一番小さくて他の猫をモタモタ追いかけてる姿が健気だなぁと感じたことと、正直あまり愛想なく可愛くなかったこと(__)、、他の猫と違っていいかな 、なんて思ったような‥‥・ 暮らしてみると愛嬌のなさも私には可愛く思えました。母親からは、「全然可愛くないわ」と何度も言われ、そのたびに失礼だわ、なんて言ってみたり・・ そんな黒猫は、最後の2年間は背中にできた腫瘍から膿と血が止まらなくなりました。獣医さんに診てもらっても、手術は年齢的にリスクが高いからお勧めできない、と言われました。毎朝と毎晩の消毒は大変でしたが、手がかかるってことは愛情なんだと気づかせてくれました。 処方された薬は副作用が強いから毎日使えないと言われたので、それからクレイをつかった治療を独自の責任で使用しました。
クレイは体内のミネラルを放出して毒素を吸着する効果があるからです。クレイを使ってから膿と血がだいぶ減り、クレイシップを貼ると目を細めて気持ちよさそうにしていました😿。今でもクレイを扱うと何とも言えない気持ちになります。 

黒猫が残してくれた記憶とこの子がくれた心が温まる感覚が私のカラダの一部となり溶け込んで生きているのかな、と。喜びも悲しみも共に感じてくれているのかな。😿

クレイは大地の恵みです。何千年もの間に大陸と海の動きでできた天然鉱物です。即効性のある薬とは違いますが、穏やかに体に働きかける自然の力です。自然に感謝しながらありがたく丁寧に使いたい。すべてに感謝 ありがとう